経営理念(社長メッセージ)

ごあいさつ

代表取締役社長 佐藤 浩司
代表取締役社長
佐藤 浩司

■世界No.1ブランドのフォトマスクを製造

私たちディー・ティー・ファインエレクトロニクス(DTF)は、2000年にスタートしました。常に先進的な技術で世界をリードし、NAND型フラッシュメモリをはじめとする半導体製品を開発するキオクシアと、フォトマスク製造に関する屈指の量産技術を有し、実績と歴史のある大日本印刷グループをバックボーンに持っています。
半導体は、私たちの生活の中に溶け込み、デジタル社会の牽引役としてさまざまな機能を発揮しています。特に、スマートフォンやタブレット端末の普及により、半導体の価値がこれまで以上に高まりました。このようなデジタルプロダクツの多様化と歩調を合わせるように、半導体の宿命的なテーマとも言える微細化がますます進んでいます。それと並行してフォトマスクについても微細化や高精度化が進み、価値ある製品の提供が求められるようになってきました。DTFが提供するフォトマスクは、高精度な半導体製造には欠かせない、微細化技術と量産技術の融合から生まれる世界No.1ブランドです。

■培った技術とノウハウで新たなチャレンジを

代表取締役社長 佐藤 浩司

製品開発に対する市場の要求が高まる中で、DTFとしてのスタンスは明確です。社内の意を結集し、一所に立ち止まらず常に先を見て、次のニーズを察知しながら開発に取り組むことであると私は考えます。開発と量産の二大ノウハウを持つ私たちは、半導体業界の動向を見据え、フォトマスク製造にも結びつける先見性を常に意識しています。さらに、次世代のリソグラフィーの姿を考慮すればフォトマスク以外の新しい技術の開発も視野に入れなければなりません。私は、蓄積した世界に誇る技術の延長線上で、画期的な「NEW」を目指す気概を持ち続けていくことが大切だと思っています。

■フォトマスクの価値を追求し続けるDTF

最先端技術は、貴重な情報として社内で共有されることで、さまざまな発想から新たな展開が期待できます。会社では、従業員一人ひとりの個の力が結集してチーム力となり、ミッションを完結させていきますが、その過程では、技術力はもちろん、市場を見通す力、コスト感覚やコミュニケーション能力など、チームとしてのバランスが重要になってきます。また、DTFは、最先端の露光装置や検査装置で開発・製造に取り組む環境が整っていること、装置・材料メーカ様との強いパートナーシップが構築されていること、激化する競争に負けない量産技術を活かす体制が充実していることなど、会社としてのバランスも取れていると言って良いでしょう。このような背景から、世界のフォトマスク市場で優位性を発揮し続けているのです。
半導体技術が活用された創造性の高い製品が私たちの目の前に登場し、たくさんの感動を与えてくれる時代はまだまだ続きます。私たちDTFは、半導体製造に無くてはならないフォトマスクの価値を追求し続けます。

  • 会社概要
  • 経営理念(社長メッセージ)
  • 各種方針
    • 品質方針
    • 労働安全衛生方針
  • 沿革
  • DTFとは?
  • DTFロードマップ
  • 拠点
  • 供給先
  • 半導体製造フロー
  • フォトマスク製造フロー
  • フォトマスクの種類
  • 職種紹介
  • よくある質問
  • 募集要項
  • エントリー
  • お問い合わせ
  • WIP公開サービス
  • WIP Service